ビジネスにおける贈り物マナー

ビジネスにおける贈り物のマナー

駐車場などを見てみますと10台の自動車が置くことができるのに、最後のナンバーが12になっていることがあります。1から順に数字を読んでみますとある数字とある数字がないということがわかります。日本においては4と9に関してはあまりいいイメージがないようです。
これは建物などにおいてもあります。部屋のナンバーでそれらの番号をなくしていたり、4階や9階が発生しないようにそれらの階を飛ばしたりすることがあります。気の持ち用ということもありますが、気分の問題ですから、そういうことを気にする人がいるということは意識したいところです。

ビジネスにおいて、贈り物をするということがあります。こういった時には色々と数字が出てくることが多いです。
何周年記念ということがあると思います。通常はきりの良い数字の時に行うことが多いです。
1周年であったり、5周年、10周年などになると思います。これらの数字は特に問題のない数字になりますから、気を使わずに行えば良いと思います。ただし中身は気をつけることになります。いくつかのものが入っているという場合において、あまりいい数字でないと問題になるということです。
数字にちなんだものだと喜ばれることもあります。
そのほかで贈ることが多いものとして花があります。こちらに関しても一定のマナーを知っておきたいところです。
ただしどのような花が良いかがわからないことがあります。その時には、店員さんに相談するのが一番良いです。
どういった目的で贈るものか、個人なのか、会社なのかなどを伝えれば、その中で相応のものを選んでもらえることになります。さらに相手方の好みに応じて変化を加えてくれる場合もあります。花というのは華やかなものですから、会社などに贈ると非常に喜ばれることになります。全国に配達してくれるサービスもありますから、そちらを利用するということも考えます。時期によっても変わることがありますから、気にしておきます。

おすすめ記事

Copyright (C)2017ビジネスにおける贈り物マナー.All rights reserved.